レストラン・サンサーラ。restaurant・SanSara
sansara。東広島のレストラン。
HOME。レストラン・サンサーラ。 ご挨拶 スタッフ紹介 店舗概要。フランス料理 交通・地図。 今月のメニュー。東広島 ヒストリー。コース料理 Q&A。フランス料理
東広島:レストラン・サンサーラ
トップ  >  概要
 
ご挨拶
 
概要

概要
 
 
ご挨拶
【 創業に際して】
SanSara(サンサーラ)は、サンスクリット語で「自然界の循環」という意味です。また、仏教では「現世」「この世」、輪廻転生の「転生」という意味に使われているそうです。
「さんさ〜ら♪♪」を声に出してみると、厳しく大きな意味に似合わず優しい響きです。
私は、サンサーラの意味に感銘し、またその響きも気に入り、レストランの名前に選びました。創業に際して夫が店名として「SanSara、サンサーラ」をプレゼントしてくれました。
 
福富町の自然
 
雑木林の中に住んでいると動物や植物、石や水・・・などなど、私自身も含めて周りのもの全てが不可逆的に変化し続けている不思議さに気付かされます。毎年きびしい冬が終わり春が訪れます。そして夏になり秋が来て、再び冬が巡ってきます。しかし、これらは決して同じ春、同じ夏、同じ秋、同じ冬ではありません。
 
「ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。淀みに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまる例なし。世の中にある人と栖と、またかくのごとし。・・・・」
(『方丈記』 鴨長明)
 
全ての姿形あるものはいずれ消滅し終には元素になり、そして元素が集まって再び形ができる。それが自然界の摂理でしょうね。
 
レストラン・サンサーラSanSaraは、広島県の中央の町、東広島市福富町久芳にあります。福富町は約8割を森林が占め、瀬戸内海に注ぐ水源の町としても知られております。こんなに恵まれた自然の中で美味しい料理で身も心も満たされる喜びを多くの人たちと共有したいと思い、熟練したシェフを雇い2003年4月25日に開業いたしました。初代シェフはオーストラリア人のDale Manderです。彼は開業前の準備から10ヶ月間働いてくれました。そして2003年12月末にオーストラリアへ帰国いたしました。その後は15年のシェフ経験を持った古川伸昌が引き継いでくれました。美味しい水、美味しい空気、新鮮で安全な地元の野菜、米、卵、牛乳などをふんだんに使ったフランス料理を提供しております。
林の中で心も体も満足していただけるような料理やサービス、ホスピタリテイを目標に日々努力しております。
皆様のご来店を心からお待ちいたしております。
 
なお、小さなレストランですから、折角のご来店で“万が一”満席の場合は申し訳ありません。お出かけの前で結構ですからお電話で席の予約を頂ければ幸いです。
勿論、予約無しでも歓迎です(満席の場合は悪しからずお許しを)。
  2003年4月吉日
サンサーラ店主  難波久佳
 
 
5周年を迎えて
 
2008年4月25日に レストラン サンサーラSanSaraは、お陰さまで5周年を迎えることができました。ひとえにお客さまや関係各位の暖かいご支援の賜物です。心から感謝申し上げます。また、内で支えてくれたシェフや家族にも深謝いたしております。
この5年間は、ひたすらにお客様に満足していただけるレストラン創りに無我夢中に過ごした日々でした。5年間という長い棒状の期間ではなく、精一杯働いた一日一日のブロックの積み重ねられた5年間でした。その中の一つのブロック、一日、でも真剣に積まないと崩れてしまうという緊張感の連続でした。ここに顧みれば感無量です。
サンサーラの林の木々の大きく成長した姿を見てはじめて、5年の年月の経過を実感しました。
 
お客様から頂いた5年という“珠玉の時”に感謝しながら、今後も日々真剣に取り組む所存でございます。益々のご支援、お引き立ての程をよろしくお願い申し上げます。
更なる5年間(10周年)のために。
 
2008年4月吉日          
サンサーラ店主 難波久佳
店内風景
 

 

 

 
個人情報保護について  サイトマップ      
 
レストラン・サンサーラ。東広島福富町久芳2498-5。